電磁波対策

あなたの住まいは電磁波基準をみたしていますか?

日本の住宅は海外に比べて電磁波が強く、
健康に対する影響が懸念されています。

住まいの電磁波基準?と言われてもピンとこないのではないでしょうか。

当サイトでは、住まいで使用する極低周波帯(50Hzや60Hzなど)での電磁波が身体へどのような負担をもたらすのか?その負担を軽減するためには、どのような措置をこうじるべきなのか?などについて解説しております。

そのまえの予備知識として次章では電磁波とは何かを紐解いています。

電磁波とは

電磁波とは簡単に説明すると、電界と磁界が合わさってできる波で、自然界にも元から存在するものと人工的に作られたものがあり、物理学と工学の分野などにより、電磁波≒電磁場≒電磁界、電場≒電界、磁場≒磁界と呼ばれます。

電磁波は、1秒間に振動する波の数を表す周波数によって、X線や紫外線、可視光線(太陽光)などのように名称も性質も変わってきます。

周波数の高い電磁波の場合、波長は小さくなるぶん振動は速くなり運ばれるエネルギー量も多くなりますが、届く距離は短くなります。

また、電磁波は光の速度(1秒間に30万キロメートル進む)で進むので、周波数 Hzに波長 mをかけると、30万キロメートルになります。

周波数Hzは、1秒間に振動する波の数で、波長は、
50Hz(交流)の場合、1秒間に50回の波を描きながら振動し、波長は30万キロメートル÷50で、6,000mあります。

下イメージ図のように、電磁波は電場~磁場~電場~磁場~......と交互にお互いを媒介しながら光速で進行していきます。

電磁波

また、電波法では周波数が3T(テラ)Hz以下の電磁波を電波と呼びます。
3テラヘルツ = 3,000,000,000,000 Hz ヘルツ

単位

電磁波の周波数は広範囲に渡るため、どの周波数帯での電磁波であるかを確認することが、その性質を捉える上で大切になってきます。

下表(クリックすると拡大表示されます)は、周波数帯で区分した電磁波の分類となります。
電磁波と一口に言っても名称も周波数によって変わり、その性質も複数項目に分類されることがお分かりになるかと思います。

電磁波分類


このように、電磁波は、周波数帯により『電離放射線と非電離放射線』、身体への作用として『電離作用と熱作用、刺激作用』、『光と電波』、『マイクロ波とラジオ波』など複数に分類されます。

電磁波は周波数域での性質を活かして各分野で様々な用途に使われていることが分かります。

住まいで発生している電磁波の数々

快適な生活を維持するためには電気は不可欠です。ただ、この電気を使用するために必要な屋内配線やコンセント口から電気ケーブルで無造作につながれた各電化製品。冷蔵庫や電子レンジ、照明、IH、電気ポットに電気カーペット、エアコン、テレビ、パソコン、部屋を見渡すと数えきれない電化製品に囲まれて生活していることに改めて気づきます。

また、屋内配線は、ブレーカーが上がっている限り電圧がかかっています。そして、コンセントでつながれた電化製品はスイッチを切っていても待機電流が流れているので、交流電場と磁場が発生しており、電場においては各電化製品ごとにアースが取れていない現状も重なり、床や壁を伝わって電位の低い人間に帯電して負荷をかけています。

住まいの電磁波を消して元々ある清々しさを体感してみる

家庭の中の電磁波についてのリスクと、具体的な対策方法が書かれた書籍「オールアース時代がやってくる 」注)を読むと

『1日だけ、家のブレーカーを落として生活してみませんか?』

といった一文に目が止まります。

論より証拠、実際に1日だけ、家のブレーカーを落として携帯やスマホなどの電源もOFFにした生活を体感してみると見えなかった電磁波の影響が体感できるかもしれません。

試してみると部屋の空気感の違いや忘れていた体の清々しさ感など本来あるべきやすらぎを与えてくれる家としての機能に癒やされるのではないでしょうか?

やすらぎ

いかに、電気の中で暮らしていたかを実感できるかもしれません。
ただ、電気のない生活は現実的ではありませんし、上手く付き合うためには電気の副作用ともいえる電磁波を取り除く為に電磁波測定と対策を行っていけばいいだけなのです。

注)書籍「オールアース時代がやってくる」の著者は、株式会社レジナ土田社長です。当サイトでのサービスの技術は土田社長が専務理事を努める一般社団法人全国電磁波測定士協会の指針に準じています。

電磁波 人への影響と対応策を知る6つのポイント

  • ① 電磁波測定をしなくても自分で出来る電磁波対策。
  • ② 電化製品から発生する電磁波によって何が体に影響するのか?
  • ③ 電磁波(電場)が体に帯電して出る影響。
  • ④ 電磁波過敏の体験談から学ぶ電磁波環境改善。
  • ⑤ 住まいで発生する極低周波電磁波の体への影響。
  • ⑥ 住まいで発生する極低周波電磁波を測定して出来る電磁波対策。

これらの詳細は、電磁波 人への影響と対応策を知る6つのポイント のページをご参照ください。
体に影響を与えかねない電磁波を正しく知ると、出来る対策もみえてきます。


お知らせ

2014年7月31日
  • ニュース
住宅のための電磁波新基準として、建築電磁環境性能基準「EMEAJ-01-2014(エミアージュ・ゼロワン)」が 一般社団法人全国電磁波測定士協会より発表されました。

SankeiBizのニュースサイトで、概要が掲載されています。

建築電磁環境性能基準(EMEAJ-01-2014 )の【10年に渡る測定の結果、日本だけが特別だとわかりました】という項目には、

『2003年から10年にわたり154棟、のべ647箇所のポイントで実施した測定により、電気配線から発生する「電場」と呼ばれる電磁波の強さが、海外の平均値(16.13V/m、WHO環境保健クライテリア(EHC) NO.238より)の10倍以上である箇所は、木造の2階において67%、「磁場」と呼ばれる電磁波の強さがIARC(国際がん研究機関)により「2B(発がん性があるかもしれない)」と評価された数値以上である箇所は、調査対象全体の11%であることがわかりました。 したがって、日本の住宅は海外に比べて電磁波が強く、健康に対する影響が懸念される場合があると言えます。』
と記述されています。

電磁波と聞くと誰もが携帯やスマホなどから出ている高周波電磁波のことを思い浮かべるかもしれません。通話時間が長くなると脳に影響を与える危険性があるとも指摘されており、何となく危惧されているのではないでしょうか?

高周波電磁波でできる対策は、【電磁波 人への影響と対応策を知る6つのポイント】のページに記載しましたとおり、するかしないかは別として自分ですぐできます。

ところが、1日24時間、睡眠時間も含め大半を過ごしている、お家の中では実は違う種類の電磁波である、極低周波電磁波にさらされており、特に日本の住宅環境では、なおさら電場と呼ばれる電磁波が強い傾向にあります。

この電場を含めた住まいの電磁波を電磁波測定で知ることは、体への影響を予防していく観点からも大切になってきます。
2013年12月26日
  • サイトリニューアル
サイトをリニューアルしました。
2013年3月1日
  • 電磁波測定の費用改定
電磁波測定の費用が改定されました。
これまで、お住まいの電磁波測定の費用は報告書込で、52,500円(交通費など諸費用別)となっておりました。これは、株式会社レジナの民間資格である電磁波測定士による測定費用に準拠していましたが、3月1日より、株式会社レジナの測定費用のルール改定が実施され、10,000円(税別、交通費など諸費用別)、報告書を必要とする場合は別途25,000円(税別)、オフィス・施設等は50,000円(税別)~別途見積へと変更になりました。
今後もデンジハ.ビズでは電磁波測定サービスが、よりお役に立てるように努めてまいります。
2011年2月27日
  • PR
平成23年2月27日にOPENしました。
エコレ鹿児島ショールームは、株式会社レジナの技術サポートを受け鹿児島市加治屋町にOPENしました。

このページの先頭へ