高圧送電線と電磁波(part.3)

さて、新設の鉄塔が建ち、鉄塔に電線を接続すると、送電は未だ行われていなくても電線には誘導電流が発生するので、工事の際は、電線に接地を取り鉄塔から、地中へとアースさせる事は、大切な基本作業の一つとなります。 誘導電流が、電線に流れていても接地をとることで、人間は、安全に作業することができます。

住宅内に発生する電流も、屋内配線、電化製品を含め全てアースさせることは、本来、基本作業の分野に入ると思うのですが、日本の場合、電圧が低い事で軽視されておろそかになり、結果、帯電した中での生活を余儀なくしています。

本来住宅環境においては、生活を営み、1日の疲れを睡眠によって解消する場でもあるはずですが、帯電によって、疲れもとれにくくしてしまう結果を招いているのです。帯電したままの、生活環境から脱却するには、正確に電磁波測定を行ったデータに基づいてアースを取っていくという流れで、簡単にできる事なのですが。

でも、人間って、体に直接、直ぐに痛みを感じる事あるいは、結果が直ぐに肌で感じる事ができないと、自分とは無関係だと判断してしまい、優先順位も下がってしまいがちになりがちですね。

コラム一覧へ戻る

このページの先頭へ