電磁波関連語彙集(part.1)

■ 電磁波とは?

電磁場(電磁界)は、電場(電界)と磁場(磁界)が組み合わされたものです。
電磁波とは、電場(電界)と磁場(磁界)がお互いを媒体としながら垂直な方向に振動しながら
空間や物質中を光の速度で伝わっていく現象です。

電磁波にさらされることを曝露(ばくろ)といいます。

※ 下図のイメージで見た時、電場は縦方向、磁場は横方向へ波を描き一体化した波を電磁波と呼び、波の伝わる場所が電磁場あるいは電磁界と呼ばれます。

電磁波という言葉を使う時、電磁場(電磁界)を指して使われていることが多いです。

電磁波

■ 電場とは?

電場とは、電気のある空間(場所)をいいます。電場は、電圧に比例し単位は、V/m(ボルトパーメーター)です。

電化製品の場合は電源プラグが抜けている状態では何もありませんが、コンセントに差し込むとコードには「電圧」がかかり、スイッチのON・OFFに限らずその周りに「電場」が発生します。
※ 工学系では電界、物理系では電場といういう用語がそれぞれ使用されるようです。


■ 磁場とは?

磁場は、電流に比例し単位は、G(ガウス)またはT(テスラ)です。1mG(ミリガウス)=0.1μT(マイクロテスラ)です。
※ 工学系では磁界、物理系では磁場といういう用語がそれぞれ使用されるようです。
※ コラム欄の電磁波関連語彙集(テスラとガウスの単位換算)に、表と相関図を載せています。


■ 極低周波電磁波とは?

送電線や屋内配線、家庭用電化製品から出る低い周波数の商用電磁波(50Hz、60Hz)のこと。極低周波の電磁波は非常に低い周波数のため電場(電界)と磁場(磁界)とに分けて考えます。「極低周波」は5Hz~2kHzの範囲。「超低周波」は、2kHz~400kHzの範囲。

IHクッキングヒーターからは、極低周波と超低周波の2種類の電磁波が発生しています。


■ アースとは?

アース(地球)は、電気を溜められる最も大きな場所あるいは入れ物とも言え、当サイトで表現しているアースとはエルマクリーン等でコンセントのコールドライン経由で大地へ電場を逃し、電位を等しくしてあげることを指しています。

一般で言うアースの目的は、①感電防止②電位の均等化③静電気の障害の防止④避雷⑤大地の
回路利用⑥通信障害の抑制⑦ノイズの防止 となります。


電磁波関連語彙集(part.2)へ続く

このページの先頭へ