電磁波関連語彙集(part.2)

■ スウェーデンVDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)規制とは?

1987年にストックホルムで「VDTと労働環境」国際会議が開催され、「VDT画面前30cmで
育てたラットに睾丸縮小や体重減少が見られる」といった、影響を示唆する報告を発表。
その年、スウェーデン政府も「VDT 電磁波規制案・MPR-1」を発表、1990年にはさらに
厳しい「MPR-Ⅱ」を正式に決定。
1991年には、スウェーデンの労働組合協会が更に厳しい「TOC規制」を発表しています。


■ 波長とは?

電磁波は波を描いて進み、その時の一つの波の長さを波長といいます。
50Hzの波長は、6000km、60Hzの波長は、5000kmあります。


■ 周波数とは?

周波数とは、1秒間に振動する回数をいい、Hz(ヘルツ)で表します。

電磁波は光と同じ速さ(1秒間に30万km)で進むので、50Hzの場合、1秒間に50回、
60Hzの場合、1秒間に60回振動します。


■ 電位差とは?

電界または導電性の導体内2点間の電位の差。電圧という場合もあります。


■ マイクロ波とは?

高周波電磁波で、携帯電話や電子レンジで使用されている。携帯電話は、800MHz
~2GHz帯。電子レンジは、2.45GHz(波長約12cm)を利用しています。
2GHzの場合、1秒間に20億回の振動をしていることになります。

また、高周波は波長が小さく、電場(電界)と磁場(磁界)が一体化しているので、
電力密度という単位で表し、単位は、μW/cm2(マイクロワットパーヘイホウセンチ)
または、mW/cm2(ミリワットパーヘイホウセンチ)です。1平方センチメートルの面積
に、何ミリワットの熱量が通過したかで考えます。


■ SAR値とは?

SAR値とは比吸収率(Specific Absorption Rate)の頭文字をとった略語で、単位質量
の組織に単位時間に吸収されるエネルギー量のことをいいます。人体が携帯電話
などから、一定時間にどのくらいのエネルギーを受けたかを表します。

SARには、全身平均SARと局所SARがあり、単位はW/kgであらわし、キログラムあたり
何ワットの熱エネルギーを吸収するかを表します。

人体側頭部のそばで使用する携帯電話などに対し日本では、電波防護指針に基づく
局所SARの許容値は、10gあたり2.0W/kgを満たすことが義務づけられ、各携帯電話
会社のホームページ(下層ページ)上で携帯各機種の局所SAR値を知ることができます。

スウェーデンでは、10gあたり0.8W/kg、アメリカにおいては1gあたり1.6W/kgと厳しい
基準を設定しています。

電磁波関連語彙集(テスラとガウスの単位換算)へ続く

このページの先頭へ