電磁波基準値について(part.1)

電磁波基準値のICNIRPガイドラインとMPR-Ⅱガイドラインとは?

電磁波の基準値を示す時、よく引き合いに出されるガイドラインにICNIRPガイドラインとMPR-Ⅱガイドラインがあります。

電磁波基準値

※ 交流で発生する電場(電界)と磁場(磁界)が影響を与えます。
比較表を見ると同じガイドラインでも一目瞭然、数値の桁がかけ離れています。

人への影響を守るガイドラインでもこれだけ乖離していると戸惑いますので、それぞれの考え方を、みてみましょう。

ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)は、WHOの協力機関として1992年に設立され、50Hz/60Hzの電磁界ガイドラインは、1998年のICNIRPガイドラインに含まれます。

ICNIRPガイドラインの考え方※ は、
・電磁界による健康影響で、確立されているのは、中枢神経系、心臓などに誘導される電流の作用(50Hzでは100mA/m2で影響):短期的な影響とよぶ
・公衆の磁界ばく露は、50Hzにおいて、その1/50の2mA/m2以下に制限(基本制限という)
・長期的な影響(がんや白血病の発症など)との因果関係の証拠は弱いので、制限する根拠がない。
となっています。

※ 経済産業省主催 「電磁界の健康影響に関するシンポジウム」補足資料Ⅰより引用

低周波電磁界においては、熱作用は考慮しないでよいことになっており、中枢神経系、心臓などに誘導される電流の作用とあるように、刺激作用・感電作用が起こる値からの知見からみると、十分低い値に沿ったガイドラインと言える理由です。

人の体内には、心電図や脳電図からも分かるように神経活動には電流が流れており、同程度の電流が外部の電磁界より発生すると刺激作用を起こします。
磁界が500~5,000μT(5,000~50,000mG)発生すると体内に電流が発生し、体内の組織1cm2あたり0.01ミリアンペアの電流が流れる磁界の値を設定し短期的な影響を回避するために必要なガイドラインなのです。

短期的な影響は、科学的に立証されているので、ICNIRPガイドラインでは、短期的な影響のみにスポットをあてた、いわば体が物理的に反応を起こすことを防ぐためのガイドラインとも言えます。

一方で、長期的ばく露影響においての検証として、疫学研究や生物学的研究があります。

疫学研究では、スウェーデンのアールボム博士等により過去の疫学調査からのデータを再解析したプール分析があり、対象者選択に偏りの影響を受けた可能性があるとしてはいるものの、居住環境において、0.3μT~0.4μT以上(3mG~4mG以上)の磁界ばく露と小児白血病との間に、統計的に関連性が見られると発表しています。

その他疫学調査は各国で行われており、自殺率の増加や発ガンの可能性など無視できる内容とは言い難い研究報告も科学的に立証されていないといった理由から、ICNIRPガイドラインには反映されていないのが現状です。

電磁波基準値について(part.2)へ続く

このページの先頭へ