家庭用電源100Vの50Hzと60Hz(part.1)

若いころ働いていた会社での出来事。関東の現場から長野へ転勤となり宿泊先は旅館でした。
持参した目覚まし時計は電源をコンセントから取るデジタル時計で、早速、次の日起きる時間の6時にアラームをセットして早めに就寝したのでした。そして、アラームの音で目が覚めたのですが、外は暗いし寝た気もしない、寝ぼけまなこで目覚まし時計を見ても6時を指しています。
だけど、旅館なのに辺りは静まり返っているので、おかしいなと思って腕時計を見るとまだ、夜中の3時過ぎを指しているではありませんか!?しばらくは、ワケが分からず混乱してしまいました。

日本の場合、家庭用電源は100Vでも周波数は50Hz地域と60Hzの地域に分かれています。50Hz地域の関東にそれまで住んでいたので、その目覚まし時計は、50Hzにセットされたままで、背面のスイッチを60Hzに切り替えていない事が原因でした。
周波数が60Hzの地域で、機器が50Hzのままだと時計の場合、10Hz分早く時を刻むんだと思いつつ即効で二度寝していました。

確か、富士川と糸魚川を境として、東側は50Hz、西側は60Hzになっていたと思います。 この違いのルーツは、東京電力と関西電力がその当時、技術を学んだそれぞれの国の周波数をもとにしたからだったと思いますが、日本では、今でも2つの周波数で分かれて います。

この50Hzと60Hz、10Hz周波数が違うだけなのですが、一つの見解が、コラム【電磁波過敏症について】の中でも引用させて頂いたザミール・P・シャリタ 著の「電磁波汚染と健康」という書籍にさらりと記載されています。

家庭用電源100Vの50Hzと60Hz(part.2)

このページの先頭へ