電気毛布の利用法

電気毛布はスイッチを入れている間中、ホットカーペットと同じく電場と磁場が発生し、直接体が密着してしまうため使用しない方が懸命です。

とはいえ既に持っており冷え性なので使いたい場合は、睡眠前まで電源を入れて温めておいて、眠る前にスイッチを切り電源ケーブルもコンセントから抜くようにすると電磁波の影響は受けずに済みます。


毛布絡みでお話すると、オムロンさんの「ねむりラボ」のサイトで紹介されている”毛布の使い方で布団のあったか度が変わる”という記事は話題になりました。

その記事では、羽毛布団を使用している場合の例が掲載されています。

ねむりラボ>ねむりのレシピ>Twitterで話題沸騰中!毛布の使い方で変わる、布団のあったか度
毛布の使い方で変わる、布団のあったか度

記事を読むと、毛布の位置をどこにするかによって暖かさの度合いが変わり、羽毛布団は直接体に触れさせることが不可欠だそうです。

一番あったか効果の高い方法は、敷布団の上に毛布を敷いてから、体を寝かせて、その上に敷布団をかけるのが良いとのことです。

今まで、一番効果の低いとされる敷布団の上に横になり、毛布をかけてその上に羽毛布団をかけて寝ていたのですが、この事実を知って、早速試してみると明らかに暖かさの度合いが違うことに驚きました。

特に、寒い朝に目が覚めた時、体は温かいので起き上がるのが楽ですし、寝床についてすぐ体が温かくなるのが分かります。


ここで、紹介されていた毛布の使い方をされていない場合、是非試されてみられると電気毛布に頼らなくてもいいかもしれませんよ。

コラム一覧へ戻る

このページの先頭へ