電磁波測定実例

家庭用FAX付電話機を置いた台上では電場は310V/mほど発生中
簡単にできるアース対策で、23V/mへと減少されていきます

上の画像には、家庭用FAX付電話機の例を載せていますが、電気をそれほど消費していない家庭用FAX付電話機でも、常に310V/mほどの交流電場が発生しています。

家庭用FAX付電話機の電場310V/mも電話機の下に導電性シートを敷き、エルマクリーン(電場防止機器)にてアースを取るだけで、23V/mへと減衰しています。これは一例ですが、住まいの中で発生している交流電場は身体に負荷をかけてしまいます。この見えない電磁波(交流電場)を測定していき必要に応じて対策を講じることで、より自然に近い住まい空間に戻すことは可能なのです。

【おさらい】
電場の単位は、V/m です。V(ボルト)があるので一見、電圧と混乱してしまうかもしれませんね。

電圧(V ボルト)とは、電気を流す圧力のことで、二点間の電位差とも言われます。
イメージしやすい例で、「電気を車の流れに例えた場合、電流は走る車の台数、電圧は走る車の速さ」と表現されています。

一方、電場(V/m)は、そこに、電気があれば、電気の働く場所として、電場が形成されます。
単位は、V/mですから、「1.5Vの乾電池のプラスとマイナスに電線をつないで、1.5mの間隔がある金属板にそれぞれ、電線を接続すると、その1.5mの空間には、1V/m(1.5V/1.5m)の電場が存在することになります。」

住宅のコンセント口には、100Vの電圧が供給され、電化製品は電源ケーブルを介して電気を得ています。よく、電化製品のスイッチを切っていても待機電流は流れていると言われますが、そのような状態でも、電場は発生しています。

電磁波測定実例

電磁波測定実例では、当サイトで取り扱っている商品を使うと、どれだけ電磁波の電場を軽減できるのか、また一般の電気機器や身の回りの電磁波を測定した結果と考察を随時掲載していきます。実際にいろいろな測定状況から、電磁波の特性をみていきましょう。

デスクトップパソコンのTVアンテナケーブル接続無しと 接続した時の電磁波測定

デスクトップパソコンに、※内臓TVアンテナ端子をアンテナケーブルに接続しないケースと接続したケースで電磁波測定を行い、どれだけ電場が軽減されるのかを対比しました。

内臓TVアンテナ端子付のパソコンの場合、アンテナ経由でアースされるので電場軽減措置になります。

測定結果は、下記のとおりです。
 TVアンテナケーブルを接続せず起動した時は、189V/mの電場が発生していました。
 TVアンテナケーブルを接続して起動した時は、6V/mと電場がアースされました。

画像による詳細はこちらです

ノートパソコンの電源にエルマクリーンを接続する前と 接続した時の電磁波測定

ノートパソコンには、デスクトップパソコンのように内臓TVアンテナ端子のないケースも多いので、電源ケーブルにエルマクリーンを接続する前と接続した後の電磁波測定を行い、どれだけ電場が軽減されるのかを対比しました。

測定結果は、下記のとおりです。
 エルマクリーンを接続する前は、210V/mの電場が発生していました。
 エルマクリーンを接続した後は、5.9V/mと電場がアースされました。

画像による詳細はこちらです

一般ホットカーペットとEHC720ホットカーペットにコンセントを接続する前の電磁波測定

EHC720ホットカーペットは、メーカー製造中止となり残念ですが、EHC720は、電磁波(電場+磁場)の対策が施されています。
ここでは、一般のホットカーペットと対比を行いました。また、電気製品であるホットカーペットの特性を把握できるように、ここで示すコンセントを接続する前の他に、アースを取らずにコンセントに接続した時、アースを取ってコンセントに接続した時、ホットカーペットの電源を入れ温度設定を中程度にした時と温度設定を最大にした時といった複数のケースでの電磁波測定を下記以降に掲載しております。


※ ホットカーペットの測定場所は、床に電磁波対策を施していない、一般家庭を想定し、畳の上にひいて測定をしています。
畳上にホットカーペットをひく前の、電場の値は、39V/m、磁場の値は、0mGです。

コンセントを接続する前の電磁波測定結果は、下記のとおりです。
 一般ホットカーペット上は、28V/mの電場が発生。
 EHC720ホットカーペット上は、33V/mの電場が発生。

画像による詳細はこちらです

一般ホットカーペットとEHC720ホットカーペットにコンセントのみ接続(アース無し)の電磁波測定

※ ホットカーペットの測定場所は、床に電磁波対策を施していない、一般家庭を想定し、畳の上にひいて測定をしています。
畳上にホットカーペットをひく前の、電場の値は、39V/m、磁場の値は、0mGです。

コンセントのみ接続(アース無し)の電磁波測定結果は、下記のとおりです。
 一般ホットカーペット上は、800V/mの電場が発生。
 EHC720ホットカーペット上は、28V/mの電場が発生。

画像による詳細はこちらです

ホットカーペットのコンセントのみ接続(アース時)の電磁波測定

※ ホットカーペットの測定場所は、床に電磁波対策を施していない、一般家庭を想定し、畳の上にひいて測定をしています。
畳上にホットカーペットをひく前の、電場の値は、39V/m、磁場の値は、0mGです。
※ 一般ホットカーペットのコンセント形状は2口(アース端子なし)なので、同条件でエルマクリーン経由で電源を取っていますが、パソコンやゲーム機と違い電場を除去することはできないことが測定により分かります。
※ EHC720ホットカーペットのコンセント形状は3口ですので、付属の2口変換プラグ(アース端子付き)で、接続します。
※ なお磁場においては、0mG(電気が流れていないので磁場は発生しません)のままです。

コンセントのみ接続(アース有り)の電磁波測定結果は、下記のとおりです。
 一般ホットカーペット上は、860V/mの電場が発生。
 EHC720ホットカーペット上は、0.2V/mの電場が発生。

画像による詳細はこちらです

ホットカーペットに電源を入れ温度設定は中程度の電磁波測定

※ ホットカーペットの測定場所は、床に電磁波対策を施していない、一般家庭を想定し、畳の上にひいて測定をしています。
畳上にホットカーペットをひく前の、電場の値は、39V/m、磁場の値は、0mGです。
※ 電源を入れることで、磁場の値も大きくなることが分かります。

ホットカーペットに電源を入れ温度設定は中程度の電磁波測定結果は、下記のとおりです。
 一般ホットカーペット上は、670V/mの電場が発生。
そして、209mGの磁場が発生。
 EHC720ホットカーペット上は、7.2V/mの電場が発生。
そして、0.3mGの磁場が発生。

画像による詳細はこちらです

ホットカーペットに電源を入れ温度設定は最大の電磁波測定

※ ホットカーペットの測定場所は、床に電磁波対策を施していない、一般家庭を想定し、畳の上にひいて測定をしています。
畳上にホットカーペットをひく前の、電場の値は、39V/m、磁場の値は、0mGです。
※ 電源を入れることで、磁場の値も大きくなることが分かります。

ホットカーペットに電源を入れ温度設定は最大の電磁波測定結果は、下記のとおりです。
 一般ホットカーペット上は、870V/mの電場が発生。
そして、213mGの磁場が発生。
 EHC720ホットカーペット上は、7.8V/mの電場が発生。
そして、0.4mGの磁場が発生。

画像による詳細はこちらです

ホットカーペットのコンセントを外しアースのみでの電磁波測定

※ ホットカーペットの測定場所は、床に電磁波対策を施していない、一般家庭を想定し、畳の上にひいて測定をしています。
畳上にホットカーペットをひく前の、電場の値は、39V/m、磁場の値は、0mGです。

ホットカーペットのコンセントを外しアースのみでの電磁波測定結果は、下記のとおりです。
 一般ホットカーペット上は、28V/mの電場が発生。
電源を入れていないので、磁場は0mGのままです。
 EHC720ホットカーペット上は、1.4V/mの電場が発生。
電源を入れていないので、磁場は0mGのままです。

画像による詳細はこちらです

このページの先頭へ