デスクトップパソコンのTVアンテナケーブル接続無しと接続した時の電磁波測定

このページは、デスクトップパソコンにTVアンテナケーブルを接続する前と接続した後の電場発生状況です。

左右対比できるように、左列には、TVアンテナケーブルを接続する前の測定状況を載せています。右列には、TVアンテナケーブルを接続した後の測定状況を載せています。

TVアンテナケーブルを接続する前の測定状況

下画像は、デスクトップパソコンにTVアンテナケーブルを接続する前の測定状況です。

デスクトップパソコンアース前画像

電場の測定値は、189V/m(ボルトパーメーター)です。



拡大画像デスクトップパソコンアース前画像2

ここでの使用環境の場合、パソコンの左側に体がくるので、側面を測定しましたが、前面も同じような測定結果でした。



TVアンテナケーブルを接続した後の測定状況

下画像は、デスクトップパソコンにTVアンテナケーブルを接続した後の測定状況です。

デスクトップパソコンアース後画像

電場の測定値は、6V/m(ボルトパーメーター)です。
アンテナケーブルにて、電場が大幅に軽減されていることが確認できるかと思います。

拡大画像デスクトップパソコンアース後画像2

デスクトップパソコンの場合、標準でテレビチューナー内蔵のタイプもありますが、付いていない場合は背面に空きスロットがあるか確認して、機種に合うテレビチューナーを増設することで、テレビをパソコンで観ない場合でも電場抑制になります。

このページの先頭へ