エルマクリーン検知器の機能

エルマクリーン検知器

エルマクリーン検知器

エルマクリーン検知器は、簡易的に電場が発生しているか、していないかを点滅ランプと音でお知らせします。

電磁波測定器との違い。

電磁波測定器は、対象箇所を正確な数値にて表示してくれます。エルマクリーン検知器の場合、手に持つ人の電位と対象箇所の電位差を利用して、点滅ランプと音を鳴らします。

検出できる電磁波は30Hz~3kHzの範囲内の極低周波電磁波(電場)で、一般の家電製品は50Hz/60Hzに対応しています。

家電製品の全てではありませんが、コンセントを入れた状態で、待機電流の流れない正しい挿し込み口が検知器の反応で分かるため、電場対策と省エネにもつながります。
※ パソコンのように、挿し込み口を変えても本体に電圧がかかり電場が発生する電化製品もあります。

このページの先頭へ