健康賃貸

健康賃貸とは、九州産杉無垢材フローリング+天然素材のエコ漆喰+オールアース仕様
といった環境リフォームの工法を賃貸住宅に取り入れた商品名です。

何でかなぁ?



賃貸住宅を経営しているけど入居率がナカナカ上がらない。

この賃貸住宅を造って5年になりますが、未だに入居率が上がらずに困っています。駅から近いし、地理的には非常に良いと思いますし、今求められている機能も充実していて、全く問題ない物件だと思うのですが・・・・・・??

うーん何か足りない




いくつもの部屋を見たけど、好みの部屋が見つからない。。。

賃貸住宅でも、長く住むかもしれない家だから、妥協はしたくないんです。室内の雰囲気や機能はもちろんですが、くつろぐ我が家になるんですから、健康にも気をつけたいですね。何かもう一つ心惹かれるものがあると良いのですが。。。


このようなケースの、賃貸住宅オーナーの方と入居者の方の悩み、双方に応えるために、健康賃貸はできました。

自然素材の活用により、原状回復費用もかなり抑えられることで、オーナーさんも入居者さんも、費用負担を減らすことが可能です。

天然素材は、使うほどに独特な味が出てきます。健康賃貸で施工した物件は、生活した時間も付加価値となり、そのままでも魅力溢れる物件となりますので、全面現状復帰の必要がありません。また、大きな傷や汚れがある場合でも、天然素材は、修復が比較的容易なため、余計なコストがかかりません。

九州産杉無垢材フローリング

現状のフローリング(畳の場合は畳を取り、高さ調整が必要です)の上から施工していきます。傷や汚れは研磨したり、補修を行い自然塗料を塗布していきます。

天然素材のエコ漆喰

天然素材を原料とした、呼吸できるエコ素材。古くなって汚れや剥がれが気になりはじめたビニールクロスの上に直接施工が可能です。ひびや汚れについては、研磨するか、塗り重ねていきます。

オールアース仕様

施工は床と壁の内部に行い、アースを取る作業を行います。メンテナンスは特に必要ありません。


賃貸住宅オーナー様にとって健康賃貸は、基本的に空室時の施工となりますので、工期も数日しかかからず、入居希望様にアピール度の高い付加価値を提供することができます。

健康賃貸 施工の流れ

ダミー画像

施工内容は、環境リフォームに準じます。
現地にお伺いして、無料お見積りから始めます。

健康賃貸は、基本的に間取りの変更などは行わず、床材は、既設フローリングの上に杉無垢材を敷設し、壁材も既設クロス上へ漆喰、あるいは珪藻土を塗布していきます。

また、電磁波低減素材であるスパンボンドシートを敷設し、敷設前と敷設後に電磁波測定を行い、電磁波低減の確認をいたします。

畳のお部屋の場合、畳の下にスパンボンドシートを敷設しアースを取ることで、同様の結果を得ることができます。

使うほどに味が出る天然素材だから退出の際のコスト削減にもなります。
対象物は、空き部屋の賃貸住宅となります。

空き部屋ですので、お見積りから発注を受けますと直ぐに施工へ入ることが出来、訴求効果ある賃貸住宅へと変わります。




株式会社レジナ様でサービス提供されています。

このページの先頭へ