トイレの床材設置

トイレ床材も同じく、杉無垢材にて施工することが可能です。トイレの面積は小さいですが、便器と床の取り付け部の形状に合わせて床材を切断し、はめ込む作業は少し熟練作業となります。

トイレに関しても、現地合わせで、ドアの開閉に影響が出ない時は、既設の床板の上に新しい床板を設置することができます。端の方から、床板を取り付けていき、便器と当たる床材は、型紙を使用すると、作業しやすくなります。

このページの先頭へ